2017年 08月 24日 ( 1 )

長男の読書感想文

息子たち、夏休みは読書感想文は宿題ではなく、2学期に授業で読書感想文を書く本を決めて読んでくること、というありがたーい学校です。

当初、長男は「ドリトル先生」の読書感想文を書く予定でいましたが、あまりの国語力の低さに
「ど、どんな感想文書こうと思ってる?」ってインタビューしたところ、あちゃーーな返答。

もっと感想文を書きやすい、身近な題材の本を探してあげなくちゃならん!



というわけで「レンタルロボット」を選びました。

ぼく(小3)はひとりっこ。どうしてもほしかった弟ロボットを手に入れ、ケンジと名づけた。最初は楽しい日々が続いたが、兄としてがまんしなければならないことも出てきて、ときには変な疑いまで生じるようになった。第19回小川未明文学賞大賞受賞作品。


ケンカの絶えないうちの息子たちにぴったりじゃないか!

これなら書けちゃうね、感想文!書けるよね…!?


届いてすぐ、長男より先に次男がごはんも後回しにして夢中で読んでいました。
中学年から高学年向きとあったけど、総ルビなので1年生でも読めます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レンタルロボット (ジュニア文学館) [ 滝井幸代 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)








[PR]
by terue-cat3 | 2017-08-24 19:15 | Trackback | Comments(0)